講師紹介

講師プロフィール

♪ピアノとの出会い

☆母の知人がピアノを教えていたことがきっかけとなり4歳でピアノを習い始める。
幼いころから、「ここはこんな風に弾いたら素敵」とときめきながら
練習、ピアノレッスンにも楽しく通う。
先生が褒めてくれるのが嬉しくて、たくさん練習した幼少期。

 

♪小学生時代
☆小1の時、手ほどきを受けた先生が転勤で岡山県へ。
新しい先生のもとでレッスンを継続。
当時ブルグミュラーレベルの曲を弾いていたが
新しい先生に「指の力が弱い」と言われ

黄バイエルからやり直すことに。(初めての挫折)
ピアノをやめたくて、何度も母に直談判するも
「あらそう~」と軽くあしらわれ、やめられなかった。
今では、続させてくれた母に感謝。

☆小4の時、手ほどきを受けた先生が広島へ帰って
来られたのを機に、元の先生のところへ戻る。
帰って来られた先生は、「指の力が強くなったわね!」
を言われる。

☆小5の時、初めてピアノコンクールに挑戦して入賞。
続けて小6でも入賞。


♪中学生時代

☆中学校では吹奏楽部でフルート担当。
ピアノレッスンも継続したのものの、当時は
フルートに夢中。部長も務める。
そんな多忙な中、ピアノコンクールにもチャレンジ。
入賞は中学生のときは1度のみ。
合唱の伴奏もさせてもらう。


♪進路を音楽と決定したころ

☆中3の時、教育実習生(東京芸大ピアノ科)が目の前で
演奏するのを見て、衝撃を受けピアノで大学に行くことを決意。
当時師事していた先生は、「今からでは無理!音楽大学
に行くなら、特別な勉強が必要。」と言われるが
諦めなかった。両親からは高校では普通科に行くこと、と
言われていたので、私立の女子高へ。


♪高校時代

☆高校時代は勉強よりもピアノの練習と専門の勉強に
一番時間を費やした。高校時代は、毎朝1時間ピアノを
弾いてから学校へ行き、帰ってきてからも3時間は
練習をする。高校1年より、エリザベト音楽大学付属音楽園へ。
音楽園では、当時は定期試験で選抜された
人だけが発表会に出ることができた。高1~高3まで
連続出演。高校生の時も、地元のコンクールで入賞。


♪大学受験~大学時代

☆大変なプレッシャーを味わいながら音大を
受験、第一志望のエリザベト音楽大学ピアノ専攻に
合格。

☆大学4年間は、伴奏、実技レッスン、副科でパイプオルガン
教員免許取得、リトミック、指揮法、和声学、グレゴリオ聖歌など
音楽の基礎を学ぶ。

☆大学3年の時、コンクール入賞。
同時にポーランド国立クラクフ室内管弦楽団とピアノコンチェルトを
共演。同じころ、近所の子供さんにピアノレッスンを始める。

 

♪大学卒業後~現在

☆大学卒業と同時に、中学校の特別支援学級の非常勤として
勤務。

☆大学在学中から演奏活動も開始。
ヴァイオリン、フルート、声楽、オーボエ、チェロなどの奏者と
コンサート企画し出演。病院、喫茶店、公民館、区民センターなど
でのコンサートに多数出演。
妊婦さんのためのコンサート、子供のためのコンサートなど
多数企画。
結婚式場披露宴での演奏や、チャペルでのオルガニスト
合唱団の専属ピアニストの経験あり。

☆結婚を機に退職、結婚後は自宅にてピアノ教室を主宰しながら
介護老人保健施設での音楽療法、サロン等でのピアノ演奏をする。


これまでに、ピアノを納富温子、宮田秀実、佐藤恭子各氏に師事。奏法を古畑由美子氏に師事。
井上二葉氏、Stephen Savage氏、Roustem Saitkoulov氏のピアノレッスンを受講。

◇現在、呉市音楽家協会会員
◇資格 中学校・高等学校教諭1種免許状(音楽)

​広島県安芸郡熊野町

Copyright (C) Fraise Piano All rights reserved.​